運営事業 Description

わたしたちの
事業内容について

児童福祉事業

児童福祉事業では「幼保連携型認定こども園」と「児童発達支援事業所」を運営しています。
「こども園」では子どもたちが集団のなかで健やかに成長できる環境を整備し、スタッフの関わりを通して、自分で考え相手を思いやる気持ちが育まれるよう取り組んでいきます。
子どもが成長の段階に応じて、考え、遊び、行動していけるよう同年齢児クラスと異年齢ホームクラスを設け、子どものとの関わりのなかで成長できるよう配慮しています。 子どもたちが健康で成長できるよう、いろいろな体験を経て豊かな心を育むことができるよう取り組んでいきます。入園前の親子を対象とする子育て教室の実施や育児相談も実施しています。
「児童発達支援事業所」では、こどもの発達を心配されているご家庭での子育て支援を行っています。 基本的生活習慣の獲得、コミュニケーションや運動機能、社会性の発達支援など親子の関わりを中心としてスタッフがサポートしていきます。発達や育児に不安のあるご家族の相談にも応じています。

障がい福祉事業

障がい福祉事業では「生活介護事業」、「グループホーム事業」、「居宅介護事業(ホームヘルプサービス)」「障がい児者相談支援事業」を運営しています。 日中の活動を支える「生活介護事業」は、安全や健康に配慮しながら、ライフステージにふさわしい活動に参加することをサポートします。生産活動の実施により生活のリズムを形成し、仕事についての意欲 や満足感が醸成できる取り組みをすすめます。
創作的芸術活動やレクリエーション活動を通して情緒の安定をはかり、地域で生活を営むことのできる基盤が形成できるよう支援していきます。 「グループホーム」は障がいのある方ができる限り家庭と同様の環境のもとで複数の方と暮らす共同の生活空間であり、地域で生活していくための非常に大切な場所です。グループホームでは利用者ご本人の希望やご家族の要望を取り入れながらの運営を目指します。

運営施設について

pagetop pagetop