法人案内 Disclosure

代表者あいさつ

社会福祉法人永美福祉会
理事長 沢田 一郎

皆さまには社会福祉法人永美福祉会(ながみふくしかい)の事業についてご理解とご支援をいただき厚くお礼申し上げます。
社会福祉法人永美福祉会は、昭和53年(1978) 唐臼保育園(現唐臼こども園)開設の経営母体として設立され、平成元年(1989)知的障がい者授産施設しらさぎ福祉園の開設からは障がい福祉関係施設・事業所の運営も行っております。

法人の運営理念に「利用者の方の個人の尊厳に最大限の敬意を払いながら、それぞれのライフステージでの社会参加活動を支援する。」ことを掲げております。子どもから高齢期にいたるすべての年代の個人に寄り添い、そこに必要な支援を考え、実践し、その人らしい人生がおくれるよう共に歩んでいくことであります。

私たちはこの理念の実現に一歩でも近づくよう役職員一同努力を続けてまいりたいと考えておりますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

このひとの 行く末思ひ道歩む 灯火明かく灯し続けむ(松永 修 / 初代理事長)

法人理念

  • 私たちは利用者個人の尊厳に
    最大限の敬意をはらい
    支援します。

  • 私たちは利用者すべての
    ライフステージにおいて、
    その発達と安定した社会活動への
    参加を支援します。

  • 私たちは利用者や地域の要望に
    応えられるよう
    福祉活動を実践します。

法人設立者プロフィール

初代理事長 松永 修 (大正7年(1918)生 平成17年(2005)死去)

元愛知県小中学校教員
短歌誌『潮音』同人

著作

  • 昭和63年短歌集『命一つの証明』(丸善名古屋出版)
  • 平成3年短歌集『命ある限り – 知恵遅る人々と- 』(勁草書房出版:日本図書館協会選定図書)
  • 平成4年短歌集『命一つの証明(復刻版)』(勁草書房出版)
  • 平成14年『歌集 心の紋』(諏訪印刷)

永美福祉会のあゆみ

  • 昭和53年12月
    (1978)

    唐臼保育園の経営母体として法人設立
    理事長 松永 修

  • 昭和54年4月

    唐臼保育園 事業開始

  • 平成元年4月
    (1989)

    知的障がい者授産施設 
    しらさぎ福祉園 事業開始

  • 平成12年10月

    知的障がい者グループホーム 
    しらさぎホーム 事業開始

  • 平成16年4月

    知的障がい者グループホームしらさぎ第2ホーム 事業開始
    障がい児者居宅介護事業 しらさぎホームヘルプステーション 事業開始

  • 平成17年5月

    理事長 平野 清九郎 就任

  • 平成18年4月

    心身障がい児母子通園施設 かるがも園 
    事業開始(津島市指定管理)

  • 平成20年4月

    身体障がい者福祉センター津島市彩雲館 
    事業開始(津島市指定管理)

  • 平成22年4月

    共同生活援助(グループホーム) 
    しらさぎの家 事業開始

  • 平成24年4月

    共同生活援助(グループホーム) 
    しらさぎハイム 事業開始

  • 平成24年12月

    理事長 沢田 一郎 就任

  • 平成25年4月

    しらさぎ相談支援事業所 事業開始

  • 平成26年4月

    神島田保育園 津島市より民間移譲
    彩雲館    津島市より民間移譲

  • 平成29年3月

    共同生活援助(グループホーム) 
    ホームV6 事業開始

  • 平成30年4月

    唐臼保育園 幼保連携型認定こども園に移行

  • 令和元年5月
    (2019)

    彩雲館ケアホーム 
    グループホーム「七彩ホーム」 事業開始

  • 令和2年4月

    神島田保育園 幼保連携型認定こども園に移行

  • 令和3年4月

    かるがも園 民間移譲

  • 令和4年4月

    唐臼保育園・神島田保育園が「唐臼こども園」「神島田こども園」に名称変更 

法人からのお知らせ

福祉・介護人材の処遇改善について

(ア)障害福祉サービス事業・介護事業

当法人は、障害福祉サービス事業・介護事業における福祉・介護人材の処遇改善のため、処遇改   善加算(Ⅰ)に基づき職員に加算分を支給しています。

処遇改善加算(Ⅰ)の算定要件
  • キャリアパス要件(Ⅰ)職位・職責等に応じた任用要件と賃金体系
  • キャリアパス要件(Ⅱ)資質向上のための研修
  • キャリアパス要件(Ⅲ)経験・資格に基づく定期的昇給を判定する仕組み
  • 職場環境等要件  賃金改善以外の処遇改善

当法人は算定要件に合致するよう事業を運営し、支給対象外職員も含めてすべての職員に支給しています。
支給額は年度内の利用者の増減、職員の経験年数・異動等により給付額が変動するため、一時金にて調整する場合があります。

(イ)幼保連携型認定こども園)
  • 処遇改善加算Ⅰ:経験年数・勤務年数・勤務時間により全職員を対象に支給しています。
  • 処遇改善加算Ⅱ:キャリアパス規程に基づいて、対象となる職員に支給しています。

法人業務状況

財務諸表等

「WAMNET 社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム」のページにて閲覧できます。
下記リンク参照(愛知→ 津島市 →社会福祉法人永美福祉会で検索)

社会福祉法人の財務諸表等
電子開示システム
pagetop pagetop